オグラ百人一首

久方の光のどけき春の日に しず心なく花の散るらん

 

 

陽の光がこんなにものどかな春の日に

どうして桜の花だけは散っていってしまうのだろう

by紀友則